更年期のお悩み

更年期の悩みは年齢とともに“卵巣ホルモン(エストラジオール)”が出づらくなり、自律神経のバランスが崩れることから起こります。
 
早い方では45歳頃から始まるそうで、症状としては、のぼせ、発汗、不眠、イライラ、めまい、動悸、憂うつな気分になるなどがあります。
 
冷えが強い方はで若い時期から悩みを感じたり、症状自体も強く出る傾向にある為、“ホメオスタシス”のバランスの崩れも更に自律神経に影響していると考えられます。 体の深部が温まってくると症状が良くなってくるので、やはり卵巣ホルモン不足だけではなく冷えによる影響はかなり大きいと考えられます。
 
ほとんどの方が施術2~3回程度ではっきりと違いを感じることが多く、体力や活力の高まりも感じられるそうです。